FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流れのままに 


大型連休と重なった前回の配達。昨年が、震災と原発の影響で心から連休を満喫するには至らなかったせいか、今年は大勢の方が海外やら国内の観光名所を訪れたとあって、都内の道路は気持ちの良いくらいスムーズに流れていた。時たま見られる地方ナンバーの危なっかしい運転を除けば快適そのものであったが、同時にそのことは会員さんの不在をも孕むことにつながり、2週間に一度のご対面の機会を逃す寂しさが同居することとなった。
オーガニック七菜チームの連休は、配達終了後から始まることとなったのだが、例年、特別に連休だからといって通常業務は変わらず行われ、日程が合う年にはお水採りとともに、お水の里に山菜取りツアーに出かける程度だった。
それが今年は、後半の祝日にお店を閉めることによって、我らが生命の源となる野菜を作ってくださっている茨城の長井さんのお宅にスタッフ一同遊びに行かせてもらうこととなったのだ。
とは言うものの、直前までバタバタするのは七菜チームの専売特許で、当初今回の連休はこの長井農園見学ツアーだけであったのが、急遽その前に水の里にも行ってしまおうということになり、水曜日の配達が終了した後、その日まで営業していたお店に集合して夕飯を食べて、それから出発するという、わざわざ自ら強行スケジュールを敢行することになったのだ。
くしくも天気予報はその夜から雨。前途多難となるかに思えたこのツアーだが、やはり物事には必ず意味があるようで、この雨によって村おさ・長さんのお店にご来店されるお客さんも減ってしまい、そのことによって少しゆっくりと村おさ・長さんや山のお母さんと話ができたことは当初の目的を果たすには充分な効果であったと言わざるを得ない。
そんな天気も、翌日いよいよ長井農園に向かう頃にはすっかり青空が広がり、その日の宴や翌日の畑作業を行うには絶好の天気となった。平年より寒かったことも功を奏し、屋外でバーベキューをしても、ほとんど虫の被害に合うことも無く過ごせたし、前日までの雨で湿った薪に火をつけるのはかなり苦労したが、その苦労があったことと、気温の低さが重なりあったことで、キャンプファイヤーがことのほか愛おしいものになったのも、これまた必然というべきなのだろう。

長井農園に滞在中は、産まれたてのまだ温かい平飼いの鶏卵を採らせてもらったり、出荷用のかぶを抜かせてもらったり、人参畑の草取りを手伝わせてもらったりして、のんびりと幸せなひと時を過ごさせていただいた。
あの畑を長井夫妻お2人で作業なさっているのかと思うと、体力もさることながら根気というか気力の凄さを改めて思い知らされることとなった。ただひたすら、土と向き合い、作物と向き合い、日々黙々と作業されることの凄さ、滞在中のわずかな時間では計り知れないものがあるのだが、それだからこそその凄さが浮き彫りとなる。
またそんな地道な作業がオーガニック七菜チームは、結構好きだということも判明して嬉しくなった。いつかは、七菜チームで自分達の畑を持つに至ったりしてなどという空想をも抱かせてくれたが、いやはやどうなることやら・・・。
至福の時が過ぎるのは早いもので、あっという間に出発の時間となった。この連休中に、何度目にしたことだろう田植えの風景。兼業農家の増加や農家人口の減少に伴い、この大型連休はまさに農家さんの田植えのためにあるのだということも改めて理解した。
様々なことが、絶妙なタイミングで巻き起こっていることを強く認識するに至った、今回の連休ツアー。これから起こることもまた、色々な意味を携えながら、ここぞというタイミングなのだろう。だから、その流れのままに、目の前のことをひとつひとつ一所懸命に取り組んでいかなければ・・・。子供達も、大人達もみんなで満喫した今回の大型連休であった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moribus.blog68.fc2.com/tb.php/74-f405c531

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。