FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の春景色 

桜の開花とともに、冬服ともおさらばだと浮かれ気分でいたのだが、まんまと当てがはずれてしまった。桜の花と同じように、朝晩は身体を震わせている。それにしても、もう3月も終わり新年度がスタートするという頃になって、箱根や御殿場で積雪があるなんて、初冬の長期予報から照らし合わせても、想像すらできなかった。そんなことだから、もちろん羽鳥湖スキー場のHPによる道路状況でも、冠雪だの圧雪だのという文字がおどり、相変わらず肩の力を抜くことができないでいる。
近年の温暖化で、入学式の頃に桜の花が残っていることじたい久しぶりだが、汐里の中学校入学式には、見事な満開のなかで迎えられそうである。古い人間なのか、入学式というといまだに桜の花が舞い散るなか行なわれるというイメージを持っている。我が母校である小学校を卒業し、我が母校である中学校に入学する際に、イメージ通りの桜のなかでとり行なわれるのは、なんとも感慨深いものだ。中学校生活に慣れる頃には、もう高校受験のことを考えなければならなくなるほど、今まで以上に慌しい日々を送ることになると思うが、毎日を悔いなく精一杯過してもらいたい。
それより早く、末っ子の進が保育園に入園する。臨時保育でお世話になっていたため、本人はまるで進級するかのような感覚でいるようだが、この3月初め、一度は正規保育から漏れてからの追加的入園となったため、文(あや)は地獄から天国へ一気に掛けあがった反応を示していた。 正規保育見送りの通知を受け取った際のあの落ち込み様といったら、今となっては笑い種だ。

そんなこんなで、我が家の春は、いつもよりかは忙しない日々を送っている。
だが、相変わらずマイペースなのが伸だ。ことあるごとに、おじいちゃんから阿部家の跡取息子だとプレッシャーをかけられているが、わかっているのか否か、まるで我関せずといった風で頭の中には常に魚が泳いでいる。先日も、ついに1人での釣りが解禁され、家から5キロ弱のところにある茅ヶ崎漁港へ行くことになった。本人は自転車で行くつもりであったが、長い竿が危ないとお母ちゃんに指摘され、すったもんだの挙句、歩いて茅ヶ崎漁港へと向った。家では、汐里の中学校入学に合わせて部屋の移動をすることになり、家庭内引越しが慌しく行なわれていたが、家を出てから2時間ほどで伸が涙目で帰って来た。どうしたのかと尋ねると、『ママ、ひどいよ!!お金が入ってなかったじゃん!?』とぶんむくれだ。
どうやら意気揚々と茅ヶ崎漁港へと向い、餌を買うため釣具屋さんでならび、いざ自分の番になると肝心のお財布の中にお金がなかったのだそうだ。家を出る前に散々お母ちゃんに『お金入れた?』と念をいれていたのに、この始末では怒るのも当然だ。
それでも、『どうする、お昼ご飯食べたら、もう1回行く?』とお母ちゃんに切り返されると、今までのことがピューッとどこかに吹き飛んでしまったかのように、ニコニコとなって『うん、行く!!』となってしまうから伸である。
結局、勇んでもう一度茅ヶ崎漁港へ向ったものの釣果はゼロであったが、釣具屋さんのおばちゃんとは仲良くなるは、釣り場でおじさんたちに仕掛けについて教わるは、で伸にはたくさんの収穫があったようである。
子供の成長は早く、それぞれがそれぞれの新たな道を歩み始めているが、我々大人も平凡な日々などありようがなく、子供たちに負けないように瞬間、瞬間を精一杯過していきたいと、あらためて感じさせられている春の日々である。
今年の春は花粉症の症状がほとんど出ることなく、久しぶりに気持ちの良いお花見ができそうだが、このまま気持ち良く1年を過せるように、がんばろう!!
- 高 志 -

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moribus.blog68.fc2.com/tb.php/28-a74b08d2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。