FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝 物  

前回の配達の際に、ある会員さんから1冊の本をご紹介いただいた。
『だけど、くじけない 子どもたちからの元気便』長倉洋海と東北の子どもたち(NHK出版)という本である。屈託の無い笑顔の少女が表紙のフォトブックである。
昨年の東日本大震災において被災した東北3県4地域の子どもたちの写真と作文が綴られている。震災後半年以上が経過してから撮影されたとはいえ、その子どもたちのとびっきりの笑顔にはまさに『心が鷲摑みにされた』思いであった。だけど、その子どもたちの心の奥底に刻み込まれた恐怖と寂しさと怒り。それでも前に歩んでいこうという強い信念。子どもたちには、はっきりと明るい未来が見えているのだ。この子どもたちに対して、いったい僕達大人は何ができているのだろうか?子どもたちの思いに対して、邪魔ばかりしているのではないのだろうか?
子どもたちに対して、何ができるのだろうなんて大層なことなど言えない。せめて子どもたちの思いを邪魔しないようにしなければ・・・。
福島・いわきの12歳の少女は『大人の人たちは、「福島原発」というふうに言う。でも、本当は、東京の電力なのに、福島県がわるいっていっているようで、ちょっとつらいです。』と作文に書いている。東京電力管内で生活している者としては、申し訳ない気持ちでいっぱいだ。
また他の12歳の少女は『私は今、とてつもないかなしみといかりでいっぱいです。それは、ニュースで福島原発のことや、ほうしゃせんのこと、同じ日本人なのに、あぶないものあつかいされること、新聞で外国から、「福島という名前をやめたらどうだ」などの記事を見ると、涙といかりがこみあげてきます。私は絶対、福島と言う名前をあきらめません。それは、福島が大好きだからです。』という一文をのこしている。

続きを読む

スポンサーサイト

流れのままに 


大型連休と重なった前回の配達。昨年が、震災と原発の影響で心から連休を満喫するには至らなかったせいか、今年は大勢の方が海外やら国内の観光名所を訪れたとあって、都内の道路は気持ちの良いくらいスムーズに流れていた。時たま見られる地方ナンバーの危なっかしい運転を除けば快適そのものであったが、同時にそのことは会員さんの不在をも孕むことにつながり、2週間に一度のご対面の機会を逃す寂しさが同居することとなった。
オーガニック七菜チームの連休は、配達終了後から始まることとなったのだが、例年、特別に連休だからといって通常業務は変わらず行われ、日程が合う年にはお水採りとともに、お水の里に山菜取りツアーに出かける程度だった。
それが今年は、後半の祝日にお店を閉めることによって、我らが生命の源となる野菜を作ってくださっている茨城の長井さんのお宅にスタッフ一同遊びに行かせてもらうこととなったのだ。
とは言うものの、直前までバタバタするのは七菜チームの専売特許で、当初今回の連休はこの長井農園見学ツアーだけであったのが、急遽その前に水の里にも行ってしまおうということになり、水曜日の配達が終了した後、その日まで営業していたお店に集合して夕飯を食べて、それから出発するという、わざわざ自ら強行スケジュールを敢行することになったのだ。
くしくも天気予報はその夜から雨。前途多難となるかに思えたこのツアーだが、やはり物事には必ず意味があるようで、この雨によって村おさ・長さんのお店にご来店されるお客さんも減ってしまい、そのことによって少しゆっくりと村おさ・長さんや山のお母さんと話ができたことは当初の目的を果たすには充分な効果であったと言わざるを得ない。
そんな天気も、翌日いよいよ長井農園に向かう頃にはすっかり青空が広がり、その日の宴や翌日の畑作業を行うには絶好の天気となった。平年より寒かったことも功を奏し、屋外でバーベキューをしても、ほとんど虫の被害に合うことも無く過ごせたし、前日までの雨で湿った薪に火をつけるのはかなり苦労したが、その苦労があったことと、気温の低さが重なりあったことで、キャンプファイヤーがことのほか愛おしいものになったのも、これまた必然というべきなのだろう。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。