FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべては子ども達のために・・・ 

 年明けから様々な事が起きており、ベストセラー本の『心を整える』ではないが、心穏やかに過ごすことを願いつつも、なかなかそうはいかない現状に、少々自己嫌悪に陥ったりしている。 
小さなことをあげたらきりがないので大きなことに話題をしぼり、まずは水の里の出来事について触れてみたい。新年最初のお水採りは、毎年三が日明けの4日から行っている。今年もそのつもりで用意をしていたのだが、4日朝に救急車騒動が起こり、見送ることになった。幸い大事には至らなかったが、なんとも今年1年を象徴するような始まりとなった。
明けて5日早朝、いよいよ水の里に向かうべく、まだ暗闇のなか家を出発した。なぜそんな時間に出発するのかというと、冬の間は路面が凍結しているため、除雪がひと段落し日中の一番気温が高い時間帯に山道を走ることが、もっとも事故を回避できる可能性が高いからである。
お昼頃、無事に水の里に着くと、村おさ・長さんが薪ストーブの前に陣取り、昼食を食べているところだった。案の定、森のバスの前は除雪によって固められた雪壁に阻まれ、雪かきをしないとバスのなかに入れない状況であったが、まずは村おさ・長さんに新年の挨拶に伺った。ひととおり挨拶を済ませ世間話などをおえると、いよいよお水採りの準備をするため、雪かきにとりかかった。その時だった。絶えることなく流れでる滝の沢の水場が雪に覆われ、凍っていたのだ。
冬の間は、パイプの凍結を防ぐためにバルブを開けっ放しにして、常に水を流しておくのだが、どうやらそうした知恵のない人が水を汲みにきて、バルブを閉めてしまったようなのだ。かれこれ13回目の冬を迎えるなかで、初めての出来事だった。村おさ・長さんに相談し、どうにか同じ水をひいているお店で汲ませてもらうこととなったが、波乱の幕開けとなってしまった。
その流れは、さらに大きなうねりとなって10日の朝に襲いかかってきた。配達の準備をしていたときにかかってきた1本の電話。トラさんが救急隊によって病院に運ばれた。電話から醸し出される慌しい動き。今まで幾度となくかかってきた電話とは、明らかに異なっていた。しばらくして、携帯メールに届いた『死にました』の文字。そこから怒涛の日々がはじまった。

続きを読む

スポンサーサイト

幕開け 

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
オフィス七菜チームはカレンダーの都合で、例年年明けに行っていたお店でのお餅つきを年末に行ったことで、27日はお店、29日は湘南と立て続けにお餅をつき、その合間の28日にはお店の大掃除と慌しくも、賑やかな年の瀬を送ることができました。
両日のお餅つきでは、今まで子供用の杵でついていた子ども達が、大人用での杵でもとても上手につけるようになり、今までになく上質なお餅がつきあがりました。つき手が上手なお餅の伸びること伸びること、味は一級だし、まさに特級のお餅をいただけ、とても満足でした。
その後、我が家では30日から宮崎に住む実弟家族が里帰りし、いよいよ年越しの準備へ。実弟家族を羽田まで迎えに行き、その足で亡き父や祖母が眠るお墓にお参りに行き、今年はついでにスカイツリーの真下まで行っておのぼりさん気分を味わいました。今夏のオープンに向け、まだまだ工事中でしたが、その大きさにはさすがに圧倒されました。近くのお蕎麦屋さんに入ると、タワー天丼なる大きな海老天を3本、どんぶりのご飯の上にたてたものが名物として売り出しており、注文をしたお客さんは、タワー天丼が目の前にくるや歓声をあげ、写真をとるほど。店員さんも慣れたもので、お客さんがカメラを構えると、写りが良いようにどんぶりの位置を調整するほどのサービス。いやはや、業平橋界隈は、スカイツリーオープンに向けて、着々と商魂を磨いておりました。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。