スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大寒は春の知らせ!? 

今年の大寒は、春から初夏にかけての気温となり、まったく季節感がないものとなった。その3、4日前では、燦燦と陽射しが降り注ぎながらも、服についた水飛沫がすぐさま凍ってしまうほどの寒さに見舞われた。水の里に通うようになって10年あまり経つが、日中、雪が降る中凍ったことはあったが、お天道様の顔を見ながら凍ったのは初めてのことだ。この時ばかりは、久しぶりに部屋の中の野菜まで凍ってしまった。
秋口に出された、気象庁による直近3ヶ月予報は、まさに暖冬であった。大寒では間違いなくその予報通りであったが、それ以外では平年以上の積雪量を記録しているので、必ずしも予報通りとは言えないようだ。いや、関東平野だけが暖冬だというべきか。
湘南なんぞで生活をしていると、雪国の寒さなど想像すらできない。水の里で膝上まで雪に埋まったと話しをすると、子供たちは『雪、いいな~、行きたいな~!?』と声を合わせるが、毎朝起きるたびに雪かきをし、夜には野菜まで凍るところなんて、思いも寄らないだろう。1日、2日遊ぶだけならまだしも、そこで生活をするとなると…。
2月に入ったら、一度くらいは水の里に子供たちを連れていこうと思っているが、はてさてどんな反応をしめすことやら。まだ、小学校に入る前の汐里が、スキーウェアーでダブダブになりながら、新雪の上に大の字になって寝転がり、『気持ちいいな~!!』と言っていたのを思い出す。伸も水路の上に雪が積もり、その上に足を踏み入れてしまったために、すっぽりと雪の落とし穴に落っこちてしまったが、それでも汐里や花菜とかまくらを作って、楽しんでいた。まあ、この2人はどちらかというと"いぬ"派なのだろう。問題は、進だ。彼は雪に触れたことがない。寒さに弱いというわけでもなさそうだが、冷たいのやら、熱いのやらには敏感なため、雪の冷たさ、ましてやその雪が長靴の中にはいってしまったりしたら、もう目があてられない。はっきりとした性格なので、雪の楽しさを知ることができれば、汐里や伸と一緒に遊んでいるだろうが、雪の冷たさに打ちひしがれると、雪で遊ぶ二人などに目もくれず、森のバスのなかでお母ちゃんを捕まえて遊ぶことになるだろう。

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。