スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷 跡 

昨年秋に出された天候に関する長期予報では、暖冬になる見込みだったこの冬。いざ、冬に突入してみると、『観測史上・・・』だの『統計後最も・・・』などといった枕詞がつくほどの厳しい寒さと雪の多い、そしてそれらが長く続いた冬であった。
そんな冬にもようやくお別れの時期が来たようだ。春の到来といいつつも、首都圏には春一番さえ吹かなかったのだから、まだまだぶりかえしがあるのかもしれないが、それでも梅が満開となり、桜の開花宣言もちらほら聞こえはじめているので、新年度を迎え、新たな門出にたつ人々を祝うかのごとく桜も満開となりそうである。
昨春は大震災の影響で、心から春を感じることはなかったが、あれから1年がたったこの春はその頃に比べて、幾分穏やかな気持ちでこの時を迎えられている。
それでも、まだまだ震災の傷跡が、水の里界隈でさえ今なお残っているのが現状だ。昨年暮れに白河から羽鳥湖に抜ける街道が復旧した。その街道は、地震の影響で山が崩れ、道路が土砂で埋まってしまい、10ヶ月もの間通行止めを余儀なくされたのだった。
僕もオンシーズンにはメインルートとして活用していたが、震災以降は迂回路を活用せざるを得ず、またオフシーズン、すなわち積雪があるシーズンでは、この迂回路のほうが道幅が広く、除雪が行き届いているため、以前から活用していたのでそれほど不便を感じることはなかった。
春の知らせとともに、路面の雪が消えたのを確認したので、1年余りぶりに白河街道を通行してみた。復旧したとはいえ、依然片側通行の箇所が1kmほどの長さもあり、待ち時間が最大15分に及ぶこともあるようであった。路面のヒビ割れもあちこちに残されており、どうにか通行可能になったという程度の回復状況だ。『まだ当分、迂回路を通るしかないな』というのが、率直な感想だ。

続きを読む

スポンサーサイト

薪ストーブを囲んで 

冬の間は、村おさ・長さんのお店である東北釣堀苑は休業となる。ということは、それだけ時間に余裕がうまれることともなり、村おさ・長さん自慢の薪ストーブを囲んで、色々な話を窺う絶好の機会に恵まれるということにもなる。
今回は、数日前に行われた喜寿を祝う会に出席した話からはじまった。毎年、冬になると芦ノ牧温泉にある大川荘というホテルで同窓会が開かれるのだが、今年は数えで喜寿を迎えるとあって、ご存命である同窓生全員が参加されたそうだ。
もちろん、全員が会津に居を構えているわけも無く、遠方からはるばるやって来る方もいる訳で、そうした中での全員参加というのは、これこそ絆と呼ぶにふさわしい。欠席者、すなわち亡くなられた方はわずか4名というのにも驚かされた。
それでも、以前なら会費を集めても赤字になっていたのだが、今回は初めて会費が余ってしまったらしい。それだけ、飲み食いができなくなった証だと村おさ・長さんは笑っていたが、数えとはいえ喜寿の祝いに全員参加できるというだけでも、みなさん元気だという証だ。
そんな話から、村人たちの昔話に花が咲き始め、なかには石に含まれる鉄分を取り出し、それを溶かして、小銭を作っていた村人がいたという話には腹を抱えて大笑いした。今でも裏山を掘れば小銭が出て来るというから、まず間違いない。いわゆる昔で言う大判、小判といった大金ではなく、銭形平次が投げていたような小銭らしいのだが、偽造には違いなく、見つかって籐かごで連れていかれてしまったらしい。
その偽造したと言われる小銭が埋まっている裏山に、国土調査が入ることになった。むろん、その小銭が問題になることはないのだが、曖昧になっていた土地所有者が明らかになることとなった。村おさ・長さんは、早くに父親を亡くしたこともあって、土地の境界線というのを子どもの頃から聞かされていたらしいのだが、それでも忘れていた土地がたくさん出てきたらしい。村おさ・長さんでさえそうなのだから、他の村人に至ってはまさに晴天の霹靂とでもいうべき土地が次々と判明してしまった。

続きを読む

決 断 

風薫る季節のはずが、足早に過ぎ去る季節は、早くも台風と梅雨を同時に連れてきた。爽やかな季節に合わせて催されるはずのイベントも、泣く泣く中止となってしまった。飲食店を営むオーナーが実行委員長をしている鎌人いち場は、その苦労がわかるから、前日の早い段階で中止という苦渋の決断が下された。
もちろん、そこまでに仕込まれた食材もあるため、少なからずも損害は生まれるのだが、当日の朝に中止となるよりは、はるかに良心的である。春と秋の年2回しか開催されないのだから、主催者側だけではなく、出店者側としても是が非でも行いたいという思いは山々だ。それでもこの決断には、何の異論もない。恨むべくは、なんとも気の早い台風&梅雨なのだから・・・。
回数が減ったとはいえ、相変わらず余震は続いている。そこにきてまとまった雨の季節到来とあっては、土砂災害が心配になるところだが、村の人々は達観の境地で、『なるようにしか、なんねぇーべ』と笑っている。
今回のお水採りの際に、村おさ・長さんがおよそ30年前に、沢から水を引っ張るために設置したパイプが破損した。緩んだ山肌からこぼれ落ちた石が、運悪くパイプを直撃してしまったようだ。僕が通うようになってから設置したパイプと違って、硬くてもろい材質のため、遅かれ早かれいずれは壊れるだろうと踏んでいたが、それがこのタイミングとなってしまった。

続きを読む

みなさんの思いとともに 

『お水は儲かってしょうがねぇ~べぇ~!!』水の里の村人が声をかけてきた。
『何を言ってるんですか、風評被害でお客さんは減る一方ですよ!?』
『何でだい?ここの水は平気だべ!!』
『そうなんですけど、福島の水というだけで駄目なんですよ』
『水も駄目かい?こっちは米も駄目で、去年の秋に収穫してんのに持ってくんなだもんな、困ったもんだよ』
とある心理学者が言っていたが、人は本当に困ると笑みを浮かべるらしい。当然、僕らも苦笑するしかなかった。
それでも、である。予想していたよりも、はるかに少なかった。場合によっては、半数くらいはキャンセルがあるのではとの危惧さえあった。これだけ、後から後から人の心を不安にさせるような情報が流されては、数値を出して大丈夫だと言われても、心底信用できないのが現状である。僕だって、実際に水の里に行くまでは不安で仕方がなかった。
そんな状況下で、この水を信頼し、当てにしてくれ、励ましの言葉さえ戴いていることに、心から感謝致します。実際、水の里では土壌検査でも通常と変わらないことから、田植えの準備が進められています。でも、村人たちの本音は、『作っても売れないんだよな』なのですが、それでも『何もしないわけにはいかね~べ!!』なのです。

続きを読む

こういう時だからこそ  

 3月はあまり好きではないという人の話を聞いた。学生時代では、卒業シーズンとなり、クラスメート達との別れがあり、社会人となると、年度末という日本独特の風習のなかで、年末とは違った理不尽なほどの慌しさに、心身ともに追い詰められてしまうというのである。それに加えて、厄介な花粉症なるものも心の平穏を害するのだから、次第に弥生が嫌いになっていく気持ちもわからなくもない。
 水の里での3月を思うと、すべての景色がモノトーンであった雪の世界から、少しずつ色が増していき、ごそごそと虫達が動きだす季節なのだ。それでも、時折思い出したように強烈な寒波に見舞われ、まだ春は先だよと戒められる。そんな季節の変わり目が、水の里の3月なのだ。
 今年の3月も、上旬まではその流れに沿って、時は移ろいでいた。3・11までは。
 あの日、いつもの流れならば、水の里に行く予定であった。だが、前の日から何だか無性に行きたくなかった。無理にでもその理由をさがそうと思えば、地元・江ノ島で春の“のっこみ”といわれる“クロダイ”が釣れ始めるシーズンを迎えつつあるという情報が入ってきたくらいだが、当日にはその釣りにも行きたくなかったのだ。虫のしらせとは、まさにこのことなのだろうか。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。