スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大切な場所 

開花から桜吹雪となって散っていくまで、いつもよりも少しだけ長く、淡い桜色の花を見せてくれていたが、やはりいざその時を迎えてしまうと儚いものだ。
定期的に関東を縦断している僕は、まだもう少しその花を見られるだけでも幸せ者だ。水の里はこの後、子供の節句にかけてソメイヨシノと山桜が咲き誇る予定だ。そう、ここでは桜の花を背にして鯉のぼりが空いっぱいに泳ぐのである。
そうして、山桜が満開になる頃には、木々の若葉も映え、モノクロームであった山肌がやさしいパステルカラーに彩られる。秋の紅葉シーズンももちろん良いものだが、この春のやわらかな山肌も実に気持ちを穏やかにしてくれる。自然が織り成す美しさに、心はなんて癒されることだろう。小鳥たちのさえずりもまた、耳に心地よい。
春の陽射しに照らし出された沢の水が、キラキラと美しい輝きを放ち、自然と気持ちが昂揚してくる。人の心はどんなにか、自然に影響を受けているかが感じられる瞬間だ。
これだけ、都会の人工物のなかにどっぷり浸かっているものでさえ、影響を受けているのだから、普段から自然の中で生きている物たちは、もっと敏感に反応しているに違いない。そう、山菜たちなど尚更のことだ。
旬は一瞬にして、やって来ては過ぎ去ってしまう。タイミングを逸すれば、また1年後を待たなければならない。今年は、暖冬であったようだから、余計にそのタイミングを見計らわなければならない。つまり、こまめに何度も山を歩け、ということだ。
ふきのとうが花を咲かすと、いよいよ"こごみ"のシーズン到来である。でも、その旬は良くて2、3日。天気が良く、気温が高いと1日で旬が過ぎてしまう厄介ものだ。それだけに、この"こごみ"ファンは多い。他の山菜はいらないけれど、"こごみ"だけは欲しいという方もいらっしゃる。クセがなく、天ぷらにしても、お浸しにしても、炒め物に入れても合う万能な山菜だ。特におすすめなのは、さっと湯がいた"こごみ"をクルミとマヨネーズで合えたもの。とにかく、"こごみ"があれば、それだけで食卓を彩ることができるのだ。

続きを読む

スポンサーサイト

初体験 

《 初体験 》

『どうなってるんだべ?』最近、よく耳にする山のお母さんのフレーズである。ここ2、3年というのも山菜やらきのこの季節になると、『今年はおかしいね!!』という言葉が横行していたが、それはあくまでも『今年は!?』という限定で通せたのが、もう『今年も、また…』というように、今までのような経験が全く通用しないような自然の移り変わりとなりつつあるようだ。特に今年は、夏日のような暑い日があったかと思うと、ストーブを炊かなければならないような寒い日があったり、安定した日が続かないような気がする。また、台風並の強風が吹くのも特徴であるようだ。
ゴールデンウィークの前半は、通常通りの配達やイベントへの参加であたふたしていたが、後半には家族揃って水の里に山菜採りにいく事が出来た。昨年も同じようにみんなで山菜採りに出掛けたのだが、今年は初めて僕の母も水の里に行ったのが特別であった。それゆえ、子供達が普段以上に興奮し、ただでさえ騒々しいのが、それだけに止まらず“やかましいっ(怒)”という段階にまで達していた。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。