スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘つき 

前回のラ・ラビアータで触れた『だけど、くじけない 子どもたちからの元気便』の著者であり、カメラマンである長倉洋海さんの講演会が、地元・片瀬であるという情報をいただき、娘の汐里と一緒に参加してきた。
前々回の配達の際に、会員さんからのこの本を紹介され、そのことを前回のラ・ラビアータに掲載したら、その週末に地元の片瀬公民館で講演会があるというのだから、不思議な流れである。 
それまで長倉洋海さんのことを知る由も無く、ましてやその方が近所の公民館で講演会を開くなどという情報すら持ちえなかったのだから、不思議というしかないのだが、物事の道理はどうやらそういうものらしい。必要なものは、自然と必要な人の所に集まってくるようだ。
前回でも述べたが、その本の中に出てくる子どもたちの愛くるしい笑顔といったら、なんと表現したら良いのだろう。とても優しく、希望に満ちたその表情は、見ているこちらまで優しい気持ちにさせてくれるものだ。
そして、そんな表情を引き出し、写真におさめられたカメラマンである長倉洋海さんとはどんな人なんだろうというのが、この本を手にしたときの率直な感想だった。
少しだけでも、カメラをかじったことのある人ならおわかりだろうと思うが、同じ被写体を、同じカメラで、同じ露出で撮ったとしても、カメラマンによって出来上がり全く違ったものとなる。ましてや、今回の被写体は、被災した子どもたちだ。その子どもたちに、あれだけの表情を出させるカメラマンとは・・・。
小さな会場のなかに、整然と置かれたパイプ椅子。それに向き合うように会議用の長テーブルが1台置かれ、水が用意されている。その席に着く人がどんな人物なのだろうか、注意深く見守っていると、やがて1人の少々いかつい表情をした“おじさん”がその席に着いた。

続きを読む

スポンサーサイト

宝 物  

前回の配達の際に、ある会員さんから1冊の本をご紹介いただいた。
『だけど、くじけない 子どもたちからの元気便』長倉洋海と東北の子どもたち(NHK出版)という本である。屈託の無い笑顔の少女が表紙のフォトブックである。
昨年の東日本大震災において被災した東北3県4地域の子どもたちの写真と作文が綴られている。震災後半年以上が経過してから撮影されたとはいえ、その子どもたちのとびっきりの笑顔にはまさに『心が鷲摑みにされた』思いであった。だけど、その子どもたちの心の奥底に刻み込まれた恐怖と寂しさと怒り。それでも前に歩んでいこうという強い信念。子どもたちには、はっきりと明るい未来が見えているのだ。この子どもたちに対して、いったい僕達大人は何ができているのだろうか?子どもたちの思いに対して、邪魔ばかりしているのではないのだろうか?
子どもたちに対して、何ができるのだろうなんて大層なことなど言えない。せめて子どもたちの思いを邪魔しないようにしなければ・・・。
福島・いわきの12歳の少女は『大人の人たちは、「福島原発」というふうに言う。でも、本当は、東京の電力なのに、福島県がわるいっていっているようで、ちょっとつらいです。』と作文に書いている。東京電力管内で生活している者としては、申し訳ない気持ちでいっぱいだ。
また他の12歳の少女は『私は今、とてつもないかなしみといかりでいっぱいです。それは、ニュースで福島原発のことや、ほうしゃせんのこと、同じ日本人なのに、あぶないものあつかいされること、新聞で外国から、「福島という名前をやめたらどうだ」などの記事を見ると、涙といかりがこみあげてきます。私は絶対、福島と言う名前をあきらめません。それは、福島が大好きだからです。』という一文をのこしている。

続きを読む

流れのままに 


大型連休と重なった前回の配達。昨年が、震災と原発の影響で心から連休を満喫するには至らなかったせいか、今年は大勢の方が海外やら国内の観光名所を訪れたとあって、都内の道路は気持ちの良いくらいスムーズに流れていた。時たま見られる地方ナンバーの危なっかしい運転を除けば快適そのものであったが、同時にそのことは会員さんの不在をも孕むことにつながり、2週間に一度のご対面の機会を逃す寂しさが同居することとなった。
オーガニック七菜チームの連休は、配達終了後から始まることとなったのだが、例年、特別に連休だからといって通常業務は変わらず行われ、日程が合う年にはお水採りとともに、お水の里に山菜取りツアーに出かける程度だった。
それが今年は、後半の祝日にお店を閉めることによって、我らが生命の源となる野菜を作ってくださっている茨城の長井さんのお宅にスタッフ一同遊びに行かせてもらうこととなったのだ。
とは言うものの、直前までバタバタするのは七菜チームの専売特許で、当初今回の連休はこの長井農園見学ツアーだけであったのが、急遽その前に水の里にも行ってしまおうということになり、水曜日の配達が終了した後、その日まで営業していたお店に集合して夕飯を食べて、それから出発するという、わざわざ自ら強行スケジュールを敢行することになったのだ。
くしくも天気予報はその夜から雨。前途多難となるかに思えたこのツアーだが、やはり物事には必ず意味があるようで、この雨によって村おさ・長さんのお店にご来店されるお客さんも減ってしまい、そのことによって少しゆっくりと村おさ・長さんや山のお母さんと話ができたことは当初の目的を果たすには充分な効果であったと言わざるを得ない。
そんな天気も、翌日いよいよ長井農園に向かう頃にはすっかり青空が広がり、その日の宴や翌日の畑作業を行うには絶好の天気となった。平年より寒かったことも功を奏し、屋外でバーベキューをしても、ほとんど虫の被害に合うことも無く過ごせたし、前日までの雨で湿った薪に火をつけるのはかなり苦労したが、その苦労があったことと、気温の低さが重なりあったことで、キャンプファイヤーがことのほか愛おしいものになったのも、これまた必然というべきなのだろう。

続きを読む

光射す方へ 

ようやく福島にも桜前線が到着した。水の里に通うようになってから毎年のことなのだが、自宅周辺の桜が散ってしまったあとも、こうして福島でもういちど満開の桜を愛でられるのだ。
昨年は、震災の影響でゆっくりと、特に瓦屋根が落ちたり、家が傾いたりしている横では、どんなに鮮やかに、健気に花を咲かせてくれても、花を愛でるという気分にはなれなかった。
そんな矢先、物凄いタイミングの良さで、ラジオから『花に興味を抱けるときは、心に余裕がある時なんですと、とある学者さんが教えてくれました』という放送が流れてきた。
昨年、自宅周辺では、敢えて家族で桜を見に行った。もちろん心に余裕があったわけではないが、日夜、壮絶なシーンがテレビから流れてくるなか、子供の心にも相当なストレスがたまっていたに違いない。そんな重い心が、少しでも軽くなればと花見に行った。でもそれは、子供もそうだが、つまりは自分がそうなりたいと思ったにすぎないのだが・・・。
奇跡的に、水の里は被害を受けなかったのだが、それでも水の里の桜をゆっくりと愛でることはなかった。残念ではあったが、あの時、僕には水の里の桜を受け入れる余裕がなかったようだ。
それから時が過ぎ、山肌をパステルカラーが覆い、やがて鮮やかな紅葉の季節を迎え、そして白一色の世界に包まれても、心穏やかに過ごす事ができないでいると思っていたのだが、今、こうして福島の桜を、1年前とは違って、愛でることができているのだから、知らず知らずのうちに、少しは心に余裕がでてきたようだ。

続きを読む

傷 跡 

昨年秋に出された天候に関する長期予報では、暖冬になる見込みだったこの冬。いざ、冬に突入してみると、『観測史上・・・』だの『統計後最も・・・』などといった枕詞がつくほどの厳しい寒さと雪の多い、そしてそれらが長く続いた冬であった。
そんな冬にもようやくお別れの時期が来たようだ。春の到来といいつつも、首都圏には春一番さえ吹かなかったのだから、まだまだぶりかえしがあるのかもしれないが、それでも梅が満開となり、桜の開花宣言もちらほら聞こえはじめているので、新年度を迎え、新たな門出にたつ人々を祝うかのごとく桜も満開となりそうである。
昨春は大震災の影響で、心から春を感じることはなかったが、あれから1年がたったこの春はその頃に比べて、幾分穏やかな気持ちでこの時を迎えられている。
それでも、まだまだ震災の傷跡が、水の里界隈でさえ今なお残っているのが現状だ。昨年暮れに白河から羽鳥湖に抜ける街道が復旧した。その街道は、地震の影響で山が崩れ、道路が土砂で埋まってしまい、10ヶ月もの間通行止めを余儀なくされたのだった。
僕もオンシーズンにはメインルートとして活用していたが、震災以降は迂回路を活用せざるを得ず、またオフシーズン、すなわち積雪があるシーズンでは、この迂回路のほうが道幅が広く、除雪が行き届いているため、以前から活用していたのでそれほど不便を感じることはなかった。
春の知らせとともに、路面の雪が消えたのを確認したので、1年余りぶりに白河街道を通行してみた。復旧したとはいえ、依然片側通行の箇所が1kmほどの長さもあり、待ち時間が最大15分に及ぶこともあるようであった。路面のヒビ割れもあちこちに残されており、どうにか通行可能になったという程度の回復状況だ。『まだ当分、迂回路を通るしかないな』というのが、率直な感想だ。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。